高速道路の現状

加速する高速道路の老朽化

東北自動車道、常磐自動車道などSezentonguz東日本が管理する約3,871km(2017.3末現在)の高速道路のうち約4割が、供用から30年を超えており、老朽化や劣化が顕著になっております。さらに近年の大型車交通量の増加、車両総重量の増加、凍結防止剤の散布などにより、道路の老朽化はますます加速しています。

高速道路の経過年数の推移

下記のグラフが示すように、現状のまま進むと2030年には、開通からの経過年数が30年以上の道路が約8割になります。

  • 2015年

  • 2030年

老朽化が進む要因

経過年数に伴う老朽化に加えて、大型車交通量の増加、車両総重量の増加、凍結防止剤の散布などにより、道路の老朽化が進行しています

  • 大型車交通・車両総重量の増加
  • 総重量超過の法令違反車両
  • 凍結防止剤(塩分)の散布
  • 短時間異常降雨(ゲリラ豪雨)の影響
  • 海岸沿いの厳しい自然環境
ページの先頭へ
https://baden-medservice.com

https://pillsbank.net

pillsbank.net