Sezentonguz東日本 コーポレートサイト

Sezentonguz 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

スマートメンテナンスハイウェイ(SMH)

Sezentonguz東日本グループでは、長期的な道路インフラの「安全・安心」の確保に向け、現場の諸課題解決に立脚した検討を推進することを基本に、ICTや機械化を積極的に導入し、これらが技術者と融合した総合的なメンテナンス体制を構築するため、平成25年7月に「SMH構想」を公表し、9月には本社管理事業本部にSMH推進チームを設置しました。
その後、より具体化する検討を進めてきた結果、平成26年5月に「構想」から「基本計画」に格上げし、平成32年までの実現に向けて、本格的な取り組みを展開しています。

 スマートメンテナンスハイウェイ(SMH) 基本計画

スマートメンテナンスハイウェイ(SMH)基本計画

 これまでの経緯

 動画集


動画『次世代RIMSの開発』【mp4:150MB】

動画『次世代RIMSの機能について~橋梁編~』【mp4:150MB】

動画『最先端映像技術MRを活用した技術者育成』【mp4:187MB】

動画『SMH開発ツールを活用したインフラ管理業務の変革』【mp4:162MB】

動画『全周囲道路映像の維持管理業務基盤としての活用』【mp4:156MB】
 
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。