Sezentonguz東日本 コーポレートサイト

Sezentonguz 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

障がい者支援施設の皆さまと「志ひとつ」に
高福(幸福)連携の取り組み

平成31年2月20日
東日本高速道路株式会社

Sezentonguz東日本グループは、2月6日(水)山形道 櫛引PA(上り線)において、山形県鶴岡市内の福祉施設利用者の方々と連携して、2月9日からの3連休に合わせて「雪灯篭」を制作しました。

これは、当社鶴岡管理事務所が平成26年から毎年実施しているもので、高速道路と福祉が連携し、障がいのある方々への活動の機会とする地域活性化に貢献する「高福(幸福)連携」※の一環となる取り組みです。

当日は「鶴岡市ゆうあいプラザかたぐるま」及び「NPO法人いなほ作業所」の方々と一緒に、総勢33名が力を合わせ、高さ約2メートルの柱状に固めた雪をスコップやへらなどで削り灯篭3基を制作しました。ロウソクの代わりにオレンジ色に輝くLEDを点灯し、灯篭の前には「交通安全」「無事カエル」のプレートを飾りました。

制作した施設の方からは「大変だったけど、心を込めて制作した。」「完成して嬉しい。」といった感想をいただくことができました。

櫛引PAに立ち寄られるお客さまが、福祉施設の方々と一緒に製作した雪灯篭を観て、少しでも旅の疲れを癒していただければ幸いです。当社グループは引き続き「高福連携」の取り組みを進めてまいります。

  • 力を合わせて形を整えます
    力を合わせて形を整えます
  • 立派な雪灯篭3基が完成しました
    立派な雪灯篭3基が完成しました